初心者なら知っておきたいデジカメの基礎知識

>

失敗しないデジカメ選びのポイントは

デジカメの3種類について知っておこう

デジカメの種類は使用用途や性能でコンデジ、一眼レフカメラ、ミラーレス一眼の3タイプに分けられます。

コンデジとは、コンパクトさと手軽さが売りで持ち運びしやすく扱いやすいカメラです。
手ぶれ補正機能が搭載されていたり、誰にでも簡単に撮影できるような機能が搭載されています。

一眼レフカメラは、レンズがとらえた被写体をミラーに反射させます。
ファインダー越しに被写体を見ながら撮影できるためシャッターチャンスを逃しません。
レンズが交換できたりテクニックによって違った写真が撮れるので本格派の人におすすめです。
本体も大きく重量感もありますし高価です。

ミラーレス一眼は、ミラーはついておらず、捉えた被写体は映像に変換されてモニターに映し出されます。
その際にわずかながらタイムラグは発生します。
一眼レフと比べると断然軽いので持ち運びに便利です。

どのデジカメが自分にぴったりか考える

それぞれのメリットデメリットがありますし、どの性能や機能が自分に合っているかで検討してみると良いかと思います。

コンデジは普段はスマホのカメラで充分だけど、旅行やイベントの撮影でスマホをカメラ替りに使用すると容量も必要ですし、電池の消耗も早くて困る事もあります。
画像の良さと容量、できるだけコンパクトで手軽なカメラが欲しい方におすすめです。

一眼レフカメラはプロ仕様の写真を撮りたい人にピッタリです。
ファインダーを覗きながらの撮影を楽しみたい、写真の深さを知りたいなら、高額ではありますが本格的なカメラが良いでしょう。

ミラーレス一眼はコンデジやスマホのカメラよりもグレードの高い写真を撮りたい、趣味で写真を撮りたいという人に人気です。
重たい一眼レフと比べると軽くてコンパクトで、手に届きやすい価格になっています。
レンズが交換できるのも魅力です。


TOPへ戻る